中古車査定相場表

2005年の日本でのレクサス開業に当たって、 最初のモデルとして発表されたのがGSである。 元々は海外ではアリストがGSとして売られていた が、これを機に世界基準の高級車を目指して生まれ 変わったというわけだ。  ライバルと見据えているメルセデスベンツEク ラスやBMW5シリーズといったモデルと比較して も、外観はなかなか存在感がある。特にクーペのよ うな後ろ姿はエレガントだしオリジナリティを感じ させる。一方、インテリアの印象はそこまで及ばな い。クオリティは悪くないということは、デザイン が今イチだということか。ディテールを見ても、セ ンターコンソールの丸いスイッチなど、高級とは思 えないものが散見されるのが惜しい。  テクノロジーには見所が多い。速度や運転に合わ せてステアリングの切れ方を可変させたり、スタビライザーを締めたり緩めたり。更にダンパーの減衰 力なんてナビのデータを元に制御されるのだ。  V型6気筒3・5がとV型8気筒4.6リットルのエン ジンはいずれも直噴。またV型6気筒3・5リットルエン ジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドも 用意される。  満載のハイテクが一体どんな走りっぷりに繋がっ ているのかと言えば、率直に言って個性が際立つと いう感じではない。ステアリングを切ってもアクセ ルを踏んでも手応えはサラッとしている。最初はも う少し味が欲しいと思う。しかし走らせていると、 コレはコレで疲れも少ないし悪くないなと感じられ てくる。そう思えるのは基本性能が悪くないレベル にあるから。清涼なミネラルウォーターのようだと でも言えば、この感覚が伝わるだろうか。  とは言え、ドイツの肉食のライバル達と伍して戦 うには、もう少しパンチが無いと厳しいのも事実。 それを踏まえて、年末にも登』場する次期型はデザイ ンからして意欲的なものになりそうである。
 

サイトマップ