中古車査定相場表

長い間、日本車のひとつのゴールとして君臨して きたクラウンでも、セダン市揚が縮小していく中で は変化を免れることはできず、先代では。ゼロクラ ウン々のキャッチフレーズの下、空間設計も走りも すべてを刷新する大変革を断行した。結果的にそれ は大ヒットに繋がり、ユーザーの若返り、そして輸 入車への流出を防ぐことにも繋がったのである。 2008年に生まれ変わった、実に13代目となる 現行クラウンは、そのゼロクラウンのプラットフォ ームを継続して使っている。ボディサイズはホイー ルペースは不変ながら全長、全幅を拡大。これをト ヨタではデザインのためと説明する。 しかし、そのスタイリングはハッキリ言って新味 がまったく無い。先代がフロントのオーバーハング を切り詰めるなど新たなアプローチを採っていたこ とを思えば、昔のトヨタ車のような、変えること自体を目的に小手先で表皮を取り替えただけと映る。 インテリアも仕立てに抜かりは無いが、やはり目 を見張るような話題も特には無い。シートは相変わ らず小さめで、そこにチョコンと腰掛けるようなか たちとなる。 パワートレインは3種類。主力は2・5リットル。更に ロイヤルサルーンには3リットル、アスリートには3・5 リットルが搭載される。そして目玉が、3・5リットルに電気モ ーターを組み合わせたハイブリッドの設定だ。 マイナーチェンジでレギュラーガソリン指定とさ れ出カダウンした2・5リットルでも、走りにはまだ十分 余裕が感じられる。しかし上を見ればキリが無く、 3リットルならゆとりは更に増すし、爽快な吹け上がりを 見せる3・5リットルも、これまた魅力的である。 いやいや、加速でいったらハイブリッドにかなう ものは無い。何しろエンジンとモーターを組み合わ せたシステム最高出力は345馬力にも達し、しかも 変速の無いスムーズな加速がどこまでも続くからで ある。但し、肝心な燃費は15・8キロと、後発のフーガハイブリッドの19・0キロに大きく負けて しまっている。これは由々しき事態だろう。 かつてのクラウンのフワフワと落ち着かなかった フットワークは、先代でシヤキッと心地良いものへ と進化したが、その過程でクラウンの最大のセール スポイントである乗り心地が悪化していたのも事実 だ。現行モデルは、そこを見事にカイゼンしてみせ、 走る・曲がる・止まるを犠牲にすることなく快適性 を大幅に高めることに成功している。 こんな風に、来れば確かにあらゆる面で熟成ぶり を実感できる。しかし先代が強烈な危機感から果敢 な攻めに出だのに対して、成功したらさっさと守り に大ってしまった今のクラウンは、クルマとして悪 いわけではないが、精神性という部分では明らかに 後退してしまっているのも事実だ。 クラウンが長い歴史を重ねてこれだのは、少なく ともかつてはそれが進取の気風に富んだクルマだっ たからだろう。そういうクルマでなければ名前に響 いて買ってくれるユーザーだけが相手となり、先行きは暗い。ゼロクラウンを出しか時には、トヨタは それを解っているんだと嬉しく思ったものだが…。 クラウンの更に上級版たるマジェスタはトヨタブ ランドの最高峰に相応しい快適性が自慢だ。とにか く無音を目指すその姿勢はレクサスとは違うきわめ てドメスティック(国内向け)な高級感と言える。実際、クラウンの自動車買取相場は好調で国産車では最高ランクに属すると言ってもよい。 初めてクラウンに対してホイールベースが75mm伸 ばされたことで、後席の快適性も向上。走りっぷり はおっとりしていて、個人的にはいくらショーファ ードリブン(運転手つき用)だとしても、もう少し 正確な反応を期待したいのだが、しかし少なくとも 高速安定性などにはまったく抜かりは無い。 クラウンでは飽き足らないが、レクサスではイヤ だという層は、確実にいる。トヨタの一番しか欲し いというユーザーは思う以上に多い。クラウンーマ ジェスタは、まさにそういう人のためのクルマであり、「レクサスの方がいいんじゃないか?」とか 「輸入車を考えてみては?」なんて言うのは、まさに余計なお世話というものなのだ。

 

サイトマップ